OBONO’s Diary

へっぽこプログラマの戯言

CARRION

Steam で 35% オフだったので、買ってしまった。
人間たちを食い散らかして、断末魔と共に血や肉片が飛び散る様は、最初はものすごい背徳感を感じたものの、一時間もすると何とも思わなくなってしまった。慣れって恐ろしいな。
見た目とは裏腹に、パズル要素がそれなりにあって、一部のシーンでは頭を働かせて先に進まなければならない。途中、2回ほど道に迷ってしまったものの、5時間弱でエンディングに到達。この終わり方は "INSIDE" を彷彿とさせるなぁ。
ちょっとしたやり込み要素もあったのだが、攻略サイトを見ずとも割とラクに達成できた。おまけシナリオも含め、全体のボリュームとしてはちょっと少ない印象があるものの、なかなかに刺激的なゲームだった。ビジュアル的にかなり人を選ぶゲームだが、こういうのが受け入れらる人なら遊んで損は無いと思う。

るろうに剣心 最終章 The Final

知人と劇場で「るろうに剣心 最終章 The Final」を観たので感想をば。

自分は原作をちゃんと読んでおらず、基本的にアニメの方しか見ていない。これまでの三作品は、アニメを見てストーリーがそれなりに頭に入っていたので、金曜ロードショーで済ませたのだが、本作品の元となっている「人誅編」はアニメで取り上げられておらず、これは劇場で観ようと前々から思っていた。
剣心の一騎当千なシーンは見ていて迫力があるのだが、こう何回も見せられるとお腹いっぱいな感じ。どちらかというと、サシで戦うシーンの方が楽しめたかな。斎藤一牙突も、一作目のような「びよ~ん」みたいな感じでなく、ちゃんと突いている感じがしたし、ラスボス戦はかなり気合が入っていた。四乃森蒼紫については、役者の不祥事のせいで何かしら編集が入ったせいか、なんか微妙な感じだったけどね。
所々「おや?」と思うシーンがあったものの、映画館で観て良かったと思えるような、総じて満足できる内容だったと思う。

ちなみに、来月は「The Beginning」が封切りされるわけだが、こちらについては「追憶編」の DVD を何度も観てストーリーを十分堪能しているので、こちらは別に劇場で観なくてもいいかな。そのうち、金曜ロードショーで放送されるでしょ。

Tweet on 2021-05-07

23:32:05 母がワクチンを受けるかどうか悩んでいるそうだ。 ワクチンそのものは否定していないようだが、接種会場にちゃんと行けるのか、会場内や会場までの道中で感染してしまうのではないか等、いろいろ不安がっている。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

ビデオに録っておいた映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観た。

なんか、主人公の男の子の言動が妙に幼稚だな~とか思ってたら、中学一年生だったのか。そうなると、ヒロインの女の子は随分とおマセさんですな。
まぁ、それはともかく、前半は中学生たちのちょっとした青春を垣間見る感じの話だったのが、いきなり「時をかける少女」みたいな展開になってビックリした。ただ、それ以降はなんかグダグダな感じで話が進み、妙にヒロインを色っぽくなまめかしく描画したかと思えば、突然酔っ払いが出てきて唐突にエンディングへと突き進む。
結局、なんだかよく分からない終わり方をしたので、個人的には消化不良な印象。画は新海誠作品ほどじゃないにせよ綺麗だっただけに、かなり残念。

天気の子

ビデオに録っておいた映画「天気の子」を観た。

君の名は。」の時もそうだったけど、画は非常に綺麗で印象的。ただ、評判の割にはあまり面白いとは感じなかった。どうにも、登場人物たちに共感できないんだよね。主人公は終盤で究極の選択を迫られるのだが、僕だったら多分逆を選ぶだろう。あぁ、自分はなんてつまらない人間なんだ…
それよりも、家出してる中高生ってどのくらいいるのだろうか? そっちの方が心配になってしまった。自分が思っているよりも、こういう境遇の未成年っていっぱいいるんだろうなぁ。